うみひょう雑記

身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ダブル】PGLジャパンカップ2013 神獣入りノーガード一撃

n460.gifn86.gifn68.gif
245.pngn437.gif645therian.png

ポケモン特性わざわざわざわざもちもの
ユキノオーゆきふらし絶対零度ふぶきギガドレインまもる命の珠
零度スイクンプレッシャー絶対零度ねっとうねむるまもるカゴのみ
霊獣ランドロス威嚇地割れじしんいわなだれとんぼスカーフ
神獣パウワウアイスボディつのドリルねこだましほろびのうたまもる進化の輝石
カイリキーノーガードクロスチョップストーンエッジものまねまもるオボンのみ
ドータクンふゆうサイコキネシスさいみんじゅつスキルスワップトリルたべのこし
 

1.コンセプト
「KKP上位メタ+アンチ壁=零度ユキノオー」

前回のニコニコ超会議予選のWifi環境では、
ラティオス+霊獣ランド、ニョログドラ+霊獣ボルト、
霊獣ランド+霊獣ボルト+トリトドンみたいな構築が強かった印象があったので、
とりあえずそれらメンツにまとめて強そうなトリルユキノオーを軸に組もうと考えました。

また、決勝では壁構築がなんかよくわからんけどカッコよかったので、
それらに憧れて壁構築を使ってくるプレイヤーが増えてくると予想して、
壁とか積み高耐久を無視してブチ抜ける「ノーガード一撃構築」で行こうと考えました


( ˘⊖˘)。o(つまり私がいつもダブルで使ってるパーティーです)


ただ、せっかくのジャパンカップなのでいつものままでは面白くない(^∀゜)
いままでノーガード構築を使って不満に感じていた部分を解消していく形で
パーティーをマイナーチェンジしようと考えました。

【感じていた不満点】
・ユキノオーがC無振りなのでふぶきでラティオスやボルトロス倒せない
・ユキノオーが草技を持っていないのでニョロ・水ロトム・トドンを処理できない。
・ユキノオーがなりきりを持ってるけど耐性がアレだからなりきるチャンスがない。
・ユキノオーが素零度をあてない。
・ユキノオーが吹雪で相手を凍らせない。
・ユキノオーが手助けハイドロポンプを急所に喰らって死ぬ。
・ユキノオーが流星群やコメットパンチを避けない。
etc…

とりあえず不満点の上3つをなんとかするためにユキノオーを改造することを決意。
※ちなみに3番目より下は「ある神獣」を採用することで全て解決しました(^∀゜)

最初に考えたのは勇敢ACヤキノオー@珠
珠吹雪でラティオス・珠ウッドハンマーでバンギラスを一撃で倒せる上に、
珠つぶてで威嚇が入っていない時にランドロスを一撃、ラティオスを半分削れる強みがあります。

ただ、これだと零度を持たせる技スペが足りない上に、HPに振っていないことと反動技の存在で、
雨・電気を耐性で強引に受けるというユキノオーの役割を放棄してしまう形になってしまいます。
また、特性が威嚇の霊獣ランドロスやズルズキンの流行を考えても敢えて採用する必要はないと考え採用を見送りました。

次に考えたのが「冷静ユキノオー@珠」
冷静でなくてもラティオスやH振りのボルトロス程度は珠吹雪で一撃なのですが、
HD振りのボルトロスやバンギラスへの吹雪のダメージを考えると
少し耐久を伸ばすよりも火力を上げておいた方がよいと感じ冷静HC振りを採用。
実際に使ってみても素零度の命中率が低い以外には特に不満を感じませんでした。

2.ポケモンの選抜
環境に最強レヴェルで刺さっている(気がする)ユキノオー。
一撃技を使えるポケモンの中でも抜群の安定感を誇るスイクン。
特性ノーガードでユキノオーが弱いバンギラスやズキン・ヒードランに打点を持つカイリキー。
コンセプト的にまずこの3体は確定としました。

4体目はトリルを張れるポケモンで今回はドータクンを採用しました。
個人的に格闘技を半減できないポケモンはエスパーポケモンとしてどうなの?
と思っていましたが、存外強かったです

優秀な耐性と絶妙な素早さは勿論ですが、
ドータクンはスキルスワップを利用して特性を移行する途中段階で
「命中率100%の催眠術」という畜生技を使うことができる点が特に優秀でした。

スキルスワップを使いノーガードを移行する上で障害となり得るポケモン、
例えばトリルを使う可能性のあるクレセリアや高火力ポケモンを前もって眠らせておくことで
コンボの遂行をより確実なものにできます。
今回使ってみてこの構築には欠かせないポケモンだと確信しました。

5体目についてですが、
ここまでで電気を無効に出来るポケモンがおらず、
相手のシャンデラや鋼に対する打点も薄かったので霊獣ランドロス。
持ち物は壁を張ってくるライコウも視野に入れてスカーフで採用しました。
威嚇を撒け、とんぼ返りによって有利対面を作りやすいという点も零度パと相性がよいです。

霊獣ランドロスはどんな型を使えばいいかよくわからなかったので、
シングル流用の130族抜きランドロスにしました。
相手のランドロスよりも遅くとんぼ返りできたり、
シャンデラのジュエル熱風とかクレセの凍える風を耐えてくれたので
最強のポケモンだったように思います(^∀゜)

6体目は
耐性が比較的優秀で、ねこだまし出来て、カイリキーのものまね用に一撃技を使用可能で、
さらにほろびのうたなんかできちゃったりするポケモンがいたらいいかな?って思ってたら
ボックスにたまたま「S実数値がユキノオー-1」で
特性がたまたま夢特性のアイスボディ、
技構成がたまたま「ねこだまし・つのドリル・滅びの歌・投げつける@すくすくこやし」という
パウワウが本当にたまたま転がっていたのでこの変なポケモンを採用することにしました。

「すくすくこやし」と「投げつける」はレベル1タマザラシに投げつけて遊んでた時のものなので、
とりあえず持ち物を進化の輝石、投げつけるを守るに変えてパーティーに採用。

この気まぐれで採用したパウワウが私のジャパンカップの命運を分ける
「神獣」だったとはこの時、誰も知る由がありませんでした…。

ノーガード一撃ギミック入りでパウワウが入っているということで、
ジャパンカップで使うパーティーとしてなかなか面白いものになったと思います。
これで結果が伴ってくれればいうことはないのですが…




【結果】
aa.jpg
(^∀゜)弱くない(確信)

【以下個別解説】

スポンサーサイト

【ダブル】ノーガード絶対零度パーティー

245.pngn460.gifn481.gif
n67.gifn623.gifn531.gif

ポケモン
とくせい
わざ
わざ
わざ
わざ
もちもの
ユキノオー
ゆきふらし
絶対零度
ふぶき
なりきり
まもる
オッカのみ
スイクン
プレッシャー
絶対零度
ねっとう
ねむる
まもる
カゴのみ
ゴルーグ
ノーガード
爆裂パンチ
炎のパンチ
ストーンエッジ
まもる
気合のタスキ
ゴーリキー
ノーガード
爆裂パンチ
アンコール
ものまね
まもる
進化の輝石
タブンネ
さいせいりょく
なかまづくり
アンコール
なりきり
トリル
メンタルハーブ
エムリット
ふゆう
スキルスワップ
まねっこ
なりきり
トリル
たべのこし

【概要】
絶対当たる絶対零度を打つことを至上命令とするパーティー。

その目的達成のためには、
ふぶき・まねっこ吹雪連打で執拗に「こおり」を狙うことも、
なりきり・スキスワ威嚇やねっとうの「やけど」で物理ポケを置物にすることも、
爆裂パンチやアンコールで場を荒らしまくることも…厭わない。

そうしているうちに零度を打つまでもなく勝ってしまうこともしばしば。
ノーガード一撃パとはなんだったのか?

あと困ったら素の絶対零度を連打します(^∀゜)
特にメタグロスとかモロバレルに打ちます。ごめんないさ()

一応こんなパーティーでもダブルレートで
1650超えたのでそれなりに戦えますよってことで。

水ロトムとモロバレルが絶望的にきついので
タブンネを解雇してボルトロスとか入れてみたい。

解説になってないですね()

【以下個別解説】

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。