うみひょう雑記

身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイスボディジュゴン配分案

アイスボディジュゴン@たべのこし
実数値:195-×-103-×-115-134
努力値:H236 B20 S252
技構成:みがわり(16)/まもる(16)/アンコール(8)/かなしばり(32)
HP関係:HP16n+3 アイスボディ・食べ残しの回復量12 みがわりのHP48
すばやさ:キノガッサと同速

◆物理耐久
A205メタグロスのハチマキコメットパンチ超高乱数耐え(6.3%)
A182ガブリアスのげきりんで61.1%~72%のダメージ

◆特殊耐久
ひかえめキングドラの眼鏡りゅうせいぐん耐え(6.3%)
おくびょうラティオスの命の珠りゅうせいぐん確定耐え
ひかえめロトムの10まんボルト確定耐え
=ボルトチェンジでみがわりを残せる(61.5%~73.8%)
============================================================
【いいところ】
・最速トドゼルガのすばやさが128なのに対して最速ジュゴンのすばやさは134。
単純にすばやさだけで見るとあられ+アイスボディではめることのできる範囲はジュゴンのほうが広い。

・まもる+かなしばりでロトムの後攻ボルトチェンジやハッサムの後攻とんぼがえりで
みがわりを割られながら速いポケモンに合わせられ崩されるということを防げるのが利点。

・ユキノオーとセットで選出するユキゴン(ユキトド)的な使い方以外にも、
アンコールや金縛りで味方が積むのをサポートするポケモンとして選出することもできる。

・かなしばり・アンコールで自分より遅いこだわりアイテム持ちや
先制技をもたない相手に一方的に勝つorみがわりを残すことができる。

先制技を持つ相手でも先制技を縛る⇒アンコールの流れで封殺可能。
このコンボはみず・こおりタイプではジュゴンにしか使えない。
============================================================
【残念なところ】
・最速ジュゴンは一般のトドゼルガと比較して耐久値で大きく劣る。
不一致抜群の攻撃を受けてからみがわりを残すといったことは基本的にできない。

・トドゼルガと違ってHP実数値が最大で197にしかならないので
みがわりがラッキーの地球投げを耐えることができない。
============================================================
ニックネームは「ジュンコ」
============================================================
【追記】(11月25日)
ユキゴンのバトルビデオ
ジュゴンの技構成は「絶対零度・かなしばり・みがわり・まもる」
【98-68466-21979】(シングルレート) ユキンゴ+マリルリVSユキノオー ウルガモス 水ロトム 
【52-66456-98207】(シングルレート) ユキンゴ+火ロトムVSブルンゲル メタグロス ガブリアス

スポンサーサイト

ジュゴン考察

◆種族 90 70 80 70 95 70
◇特性 あついしぼう/うるおいボディ

【特徴】
◆グライ+ラッキーの受け回しを1匹で突破できる芽がある珍しいポケモン。
◇冷凍ビームをタイプ一致で使えるためタイプ相性的にグライオンに強い。
◆「ほろびのうた」を使えるため「※うずしお」や「ソーナンス」とあわせることでラッキーを処理できる。

◆特殊耐久も比較的高い水準を備えている。Sをラッキー抜きにしてもラティのメガネ流星を耐える。
◇とくせい「厚い脂肪」でウルガモスのだいもんじを半減できる。こおり技のダメージも8分の1。

◆アンコール/ぜったいれいど(つのドリル)/かなしばり/こごえるかぜなどの優秀な技を覚える。
◇わりとトリッキーなポケモンなので相手がアンコールなどを勝手に警戒してくれることもある。
※うずしおはBWから拘束ターンが4~5ターンに延びた。

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。