うみひょう雑記

身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【XY個別考察】水ヌケニン

【水ヌケニン】
 みずびたしでヌケニンの弱点をでんき・くさタイプに変化させる。
相手に水タイプのヌケニンを突破する手段がなければそれだけで相手を詰ませることができる。
また、相手が水ヌケニンの突破手段もっていたとしても、ヌケニンを手持ちに戻すと「むし・ゴースト」タイプに戻るので、
例えば相手の残りのポケモンがユキノオーとバンギラスの場合、ユキノオーを倒せば水ヌケニン、
バンギラスを倒せば通常ヌケニンにすることで詰ませることができる。

●弱点(TODは除く)
・がんじょうではないので弱点を突かれると普通に倒される。
・がんじょうではないのでこんらん自傷で落ちる。
・通常時とみずびたし時の両方に突破手段をもつポケモンがいると厳しい。

具体的には

・リザードン(ねっぷう・ソーラービーム)
・ゲッコウガ(あくのはどう・くさむすび)
・ウォッシュロトム(10まんボルト・おにび)
・ファイアロー(ブレイブバード・おにび)
・ナットレイ(やどりぎのたね) など。

これらのポケモンがいる場合は水ヌケニン戦術だけで勝利をつかむことはできないので、パーティーに上記の仮想的を処理できるポケモンが必要となる。

○組み合わせ例・手順
みずびたしを覚えるポケモンであればコンボ自体は可能。
ただコンボ成立までに、みずびたしを使うポケモン&ヌケニンが倒されない(※)ことが条件となるので、すばやさの高いポケモンか、トリックルーム下で先制してみずびたしを使いやすいポケモンが望ましい。こだわりスカーフや黒い鉄球を持たせてもよいかもしれない。

(※)ヌケニンが「こらえる」を使えば相手の攻撃技を耐えながら「みずびたし」することができる。
ただし、こらえる中は変化技を防ぐことができないので、「どくどく」や「おにび」を使われるとそのまま倒される。
「おにび」などを使いそうなポケモンに対して隣のポケモンであらかじめ「ちょうはつ」を使っておくか、「みずびたし」を使う前にヌケニンを麻痺させておくなどの対応が必要となる。麻痺させた場合は麻痺以降のこらえる成功率が75%になってしまうのでコンボ成立が不安定になる。

■フロヌケニン
419.png292.png
1.フローゼル(みずびたしポケモン)でヌケニンにみずびたし
292.png
2.水タイプ(弱点が水・草タイプ)のヌケニンが完成。
他のポケモンでどく・やけど対策のでんじはを使ってとりあえず安心。

〇メリット
・1ターン、しかも高速(すばやさ種族値115)でコンボが成立する。
・高速を活かして控えのヌケニンを交代で出し被弾する前にみずびたしを使うことでコンボ成立を狙うことができる。

■オクタケニン
224.png292.png
○メリット
・S種族値45の低速からみずびたしを使うことができる。
・オクタンが「でんじは」を覚えるためみずびたしの次のターンにすぐヌケニンに「まひ」を入れることができる。
・オクタンが「なかまづくり」を習得するため「頑丈ヌケニン」および「不思議拡散」といった筋に展開できる。
・アタッカーとしても機能しうる。

●デメリット
スムーズに展開するためにはトリックルームが必要。

【その他コンボパーツ】(強そうな奴は太字)

○ゴルダック(ノーてんき・すいすい)
みずびたし・アンコール・シンプルビーム(頑丈ヌケニン:トリプル用)
ノーてんき(すいすい)

○アズマオウ(ひらいしん)
困った時のドリル

○ランターン(ちくでん・ちょすい)
みずびたし+でんじは

○マルリリ(ちからもち・あついしぼう・そうしょく)
耐性が優秀 ※アクアジェットやほろびのうたとの両立はできない

○ドーブル
強い。

○ペリッパー:S65(キャモメ:S85)
おいかぜ・フリーフォール・ワイドガード(トリプル向け?)

ルリリ:S20
アンコール

○ホエルオー
困った時のじわれ

○ネオラント
おいかぜ

○バスラオ S98
かたやぶりで呼び水に吸われないみずびたし

○ママンボウ
マンボウ

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。