うみひょう雑記

身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学習装置を利用した5体同時努力値ぶり

学習装置で経験値を得た場合にも努力値が入るので、
それを最大限に利用した努力値振りかたを考えてみた。

今回は5体同時に努力値を振ることについて考察したので
当然のことながら学習装置が5つないと実行できません^^
あと6体ではなく5体なのは空を飛んだりモリモトを素早く倒せるポケモンが必要だから。

H4 A252orC252 S252 っていう振り方にのみ対応。
まぁ工夫すればH252とか色々できるけど今回は放置。

【努力値を振る前に済ませておくこと】
1.ポケルスに感染させておく
2.インドメタシン、タウリンorリゾチウムを10個ずつ投与しておく。
3.タブンネでレベルをあげておく(HPに努力値が4入る)
4.努力値を振りたいポケモンに学習装置を持たせてモリモト(すばやさ努力値24)を倒す。
5.努力値は必ずすばやさ→こうげきorとくこうの順で振る(ミスを防ぐため)

【すばやさ編】
○手順1
1体目から4体目まではバスラオを5体倒すごとにパワーアンクルと学習装置をローテーションする(※1)

○手順2
5体目の努力値を振る時は少し手順が違って、
まず5体目にパワーアンクル、他の4体に学習装置をもたせた状態でまず2体倒す(※2)
この時点で1~4体目までの努力値振りが完了するので他の4体の学習装置をあずかる。
そして5体目でバスラオを2体倒しすばやさの努力値振りが完了する。

(※1)
1:124+60+20+20+20=124+60+60=244
2:124+20+60+20+20=124+60+60=244
3:124+20+20+60+20=124+60+60=244
4:124+20+20+20+60=124+60+60=244
5:124+20+20+20+20=124+00+80=204

(※2)
1:244+04+04=252
2:244+04+04=252
3:244+04+04=252
4:244+04+04=252
5:204+12+12=228 残り2体


この努力値振り方式の総戦闘回数は
モリモトを除くと5回×4+2回×2=24回

普通に1匹ずつ努力値を振る場合は1匹あたり11試合×5の55試合なので、
今回の方式を採用すれば55‐24=31匹のバスラオの命を救えることになる。

◆こうげき・とくこう編
バスラオと一緒。既にHPとすばやさを振り終えているので振りすぎてしまうことがないので気楽。
逆にいえばバスラオとHPを先に振っておかないと振りすぎで努力値を無駄にしてしまうので注意。

○手順1
すばやさ編とほとんど同じ、違うのはローテーションが9匹ごとになること。

○手順2
今回は学習装置をあずかる必要はない。
仮に預かる必要がある場合は4体目を倒した時が
ちょうど1~4が252振られた状態なのでその時に学習装置を預かる。

(※1)
1:100+90+18+18+18=244
2:100+18+90+18+18=244
3:100+18+18+90+18=244
4:100+18+18+18+90=244
5:100+18+18+18+18=172

(※2)
1:244+08=252
2:244+08=252
3:244+08=252
4:244+08=252
5:172+40=212(残り4体)

1体ずつ努力値を振る場合は16×5=90試合必要なのに対して
この方式では9×5+8の53試合なので結構な時間を節約できる。
バスラオと合わせると68試合もの戦闘をしなくて済む計算になるので
育成待ちポケモンがたまっている場合は学習装置を利用するとよいかもしれない。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://umihyo.blog87.fc2.com/tb.php/190-bdeee0c6
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。