うみひょう雑記

身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ニコ生】うみひょう放送局の配信環境

なんとなくうみひょう放送局の配信環境について
ニコニコ生放送に興味のあるかたの参考になれば幸いです(^∀゜)

かなりざっくり書いているので、もっと知りたいと思ったら
VIPで初心者がゲーム実況するには@ Wikiを見ると良いと思います。

○WEBカメラ
・LifeCam Studio Q2F-00008(Microsoft社)を使っています。
本当は評判の良かったLogicool社のC525とかを買おうと思ったのですが、
このカメラが30%オフくらいで売られていて、店頭価格では
C525と同じくらいの価格だったのでこっちを買いました。
使っていて特に不満は感じていないです。

自分では使ってないので何とも言えませんが他の方の放送を見る感じでは
Logicool社のものが安定してそう。初心者向け!ニコ生のやり方解説サイト!ウェブカメラも参考に。

ちなみに「ニコ生対応」というシールの張ってある某ELEC○M社製のものは
同じような値段帯のものに比べて性能が悪いので買わない方が良いと思います。
ちなみに自分も釣られて買っちゃったクチです(^A゜;)

○うみトロキャプチャー
umi.jpg


_人人 人人_
> 取扱注意 <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y ̄

ダンボールに穴をあけてWEBカメラを突っ込んだだけ。(偽トロください)
この中に3DSを突っ込んで直取りしています。(偽トロください)
無骨に見えるが穴の位置や大きさで精度を要求される匠の業。(偽トロください)

最初は100均に売ってるプラスチック製の黒い箱に穴をあけて使ってみましたが、
黒かろうが光を通してしまい失敗。硬いため工作難度が高い。(偽トロください)

やはり工作しやすくタダで入手できるダンボール安定。
ちなみに3代目(^∀゜)(偽トロください)

下画面まで箱内に入れる形なので、反射についての心配はないが、
反面下画面が見にくくなり、押しミスや選択時間切れを誘発してしまう。諸刃の刃。(偽トロください)

上画面だけに箱をかぶせる形にすれば色々解決しそう(^∀゜)(偽トロください)

○マイク
ノートパソコンに内臓されているマイクを使ってます(^∀゜;)
外で遊ぶ子供達や犬の遠吠えを拾ってしまう超全指向性。

放送されているかたの話ではマイクの値段は音質にそこまで影響はなく、
大事なのは単一指向性ではなく「全指向性」のものを選ぶことと「設定」だとよく聞きます。

○ディスプレイ(モニター)
WEBカメラやコメントビューアーなど色々なツールを起動する関係で、
画面がごちゃごちゃしてしまうという放送時のストレス問題を、
モニターを追加するという形で物理的に解決。

最初、デュアルディスプレイにするためには特別な端子が必要なのかなと思っていたけど、
実はディスプレイに元々ついているケーブルをノートPCに差すだけでOKだった。
この便利さを味わってはもう1画面には戻れない(^∀゜)

【放送ツール】
・Niconico Live Encoder(ニコニコ・ライブ・エンコーダー[略称:NLE])
なんか高画質になるらしい
スピーカーキャプチャーにチェックを入れるとパソコン上で聞いてる音楽を流せる(^∀゜)

・SCFH DSF
デスクトップ画面の好きな部分を視聴者に見せることができるツール。
複数の取り込み範囲を自由に配置できるレイアウト機能もありなにより簡単操作。
詳しくはここ

・やります!アンコちゃん
自動枠取りをはじめ色々できる多機能・高性能コメントビューアー

・棒読みちゃん
アンコちゃんと組み合わせることでコメントを読み上げてくれる。
自分は東芝のPCを使っているので「TOSHIBA Speech Synthesis Kotone Japananese」(音程125)に設定してます
かわいい(^∀゜)
東芝のPCじゃなくても棒読みちゃんをインストールしたのち、ここのをインストールすれば声を追加することが出来ます。

・WinT
設定したウィンドウを「常に手前」に表示できる。使えばわかるこの便利さ。
エクセルで作業している時など放送時以外でも活用できる地味ながら非常に有能なツール

Rapture(通称 おにぎりキャプチャー)
・対戦相手のパーティーをキャプチャーできる。

・もりあげたろう
好きなタイミングで効果音やBGMを流すことが出来る。
音量設定やリストを作るのが面倒だったりで使ってませんが
「UNICORN」とかを流したい時があるので今後活用したいと思います。

・MariCapture(そらのうきぶくろ様)
自分のパーティーや相手のパーティーをキャプチャーしたり、
光の壁やトリルターンを数えるのにも役立つ汎用ツール。

【放送時】
とりあえずカメラと放送ツールのNLEからWinTまで起動し、
メインモニターにカメラを、サブモニターに放送ツールをまとめておいて
必要な画面をSCFH DSFで取り込みます。終わり(^∀゜)

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://umihyo.blog87.fc2.com/tb.php/370-8038f410
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。