うみひょう雑記

身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スピアスイッチ【トリプル】第2回診断メーカー大会準優勝構築

きゅんさん主催の【トリプル】第2回診断メーカー大会に参加しました。

▼参加者・パーティー一覧
B-HN-a0CEAAyQGy.png


気になる私のパーティーはコレ!ヾ(^∀゜ノシヾ)ノ
B-DwcGlCIAA7z3r.png
▼第一印象=アマゾン
「歩く熱帯雨林」の異名を持つナッシーをはじめ、カラフルな虫たちとジャングルに潜む恐竜、そして密林には絶対につきものの踊りが得意な謎の部族が入っていて見た目の統一感はグッド!ぱっと見ねこだまし2匹いるしトリルもいるしAmazonOKなんじゃない?って感じのパーティーですねヾ(^konozama゜ノシヾ)ノ
▼このパーティーの良いところ!
・ねこだましと威嚇が2体。メガスピアーのとんぼがえりで出し入れできてとても相性が良い。
・S操作役がトリックルーム。全体的にすばやさが遅めなこのパーティーと相性が良い。
・格闘枠がフェアリーに弱いが、メガスピアー(毒)とシュバルゴ(鋼)が上下で睨みを利かせる。

▼このパーティーの悪いところ!
・ポケモンやってる人なら一目瞭然。パーティー内の見た目相性が良いだけじゃポケモンは勝てません。
炎タイプと飛行タイプ(及びその複合)が来ただけで死亡が確定します。耐性と種族値が貧弱。これはいけない。でもこれでやるしかない!

▼構築&立ち回り方針
・全体的に遅いのでトリックルーム軸(ナッシーの耐性が不安だけど仕方ない)
・威嚇2枚で耐久が高めのポケモンが多いのでとんぼ返り威嚇や積みを活用し詰ませる展開を狙う。
・上に関連して詰ませ性能の高いポケモン(収穫ナッシー・ズルズキン)を残せるよう立ち回る。たとえばナッシーで詰ませる場合は、相手の格闘タイプは放置気味でいいので飛行や虫を優先的に処理するなど。

▼取り入れようと思ったギミック!
●メガスピアーとシュバルゴのとどめばりで味方のナッシー(虫4倍)を殺害。A↑↑

●ナッシーのスキルスワップで、貯水ナッシーと収穫シャワーズを作る。
1.ナッシーにみずやりしてナッシーが回復する。ナッシーは戦う。
2.シャワーズが殴られてHPが減ったら眠る。カゴのみで起きる。
3.起きたらナッシーのみずやりを続ける。たまにカゴのみを収穫する。
4.疲れたら(HPが減ったら)寝る。カゴのみがないまま寝てもたまに収穫して起きる。水をやる
5.以下ねむったり起きたりしながら水やりしながらきのみを食べる。

このサイクルごっついかわいい_(^∀゜」∠)_ ※かけるのは熱湯だけど。

せっかくなのでズルズキンにも眠るを仕込んで収穫しちゃう。
筋トレ+睡眠+良質な果物=GOD!!

ついでにメガスピアーでどくびしも撒いちゃう!
これなら眠ってるだけで試合終わる!いけるで!優勝待ったなしや!⁽(ી₍₍⁽⁽(ી(*'∀'人)ʃ)₎₎⁾⁾ʃ)₎₎

▼試運転

数日後パーティー完成!

よっしゃいっちょもんだらかい!と意気揚々とレートに乗り込む。

⇒連戦連敗(^∀゜;;;;;;;;;)


気を取り直して腕試しにフレ戦で前回大会の最下位の人(某りぼり)と対戦する。
⇒負ける(^∀゜;;;;;;;;;;;;;;;;;;)

まぁ回してれば色々わかるだろうと懲りずにレートに挑む。
bbb.jpg

…_(^A゜」∠)_

負けすぎて頭がおかしくなりそうだったのでちゃんと戦えるよう改善を試みることにした。

▼改善案
・眠ってるだけでは勝てないのでシャワーズをアタッカーに改造。攻撃技は全体技による削りとちょっとしたズルを期待して濁流をチョイス。
・ナッシーからスキスワを没収。神通力よりも威力の高いサイキネと襷ノクタスに詰まないようエナジーボールを採用。
・スピアーからどくびしを取り上げ、シャワーズやカポエラーで上から殴る展開も狙えるよう追い風を採用。
・炎の通りがよすぎるのでカポエラーに雨乞いを採用、耐性を超絶強化2倍!シャワーズの水技の火力(水力?)も上昇し一石二鳥。さらに岩を持たせることでなんと8ターン継続!?!?すごい!!これにて完全無敵集団の完成DA!ヾ(^∀゜ノシヾ)ノ

そして完成した構築がこれだ!
ポケモン特性持ち物わざわざわざわざ
メガスピアー適応力メガストーンどくづきとんぼがえりおいかぜまもる
シュバルゴぼうじんいのちのたまメガホーンアイアンヘッドドリルライナーまもる
ズルズキンいかくラムのみドレインパンチはたきおとすビルドアップねむる
カポエラーいかくしめったいわインファイトねこだましワイドガードあまごい
シャワーズちょすいたべのこしだくりゅうねっとうてだすけまもる
ナッシーしゅうかくオボンのみサイコキネシスエナジーボールトリックルームまもる
▼パーティー概要(真面目トーン)
 スピアーに追い風を搭載することでS操作手段に追い風・トリル両方を選択できるようにしました。
これは診断メーカーの特性上S操作手段が追い風orトリックルームに限られてしまうパーティーがでてくるため、パーティーに二つとも入れておくことですばやさにおいて一方的な展開とりやすくなると考えたためです。決してスピアーに他に入れたいと思える技が寝言以外になかったからというわけではないと思います。

また上をとっても制圧できる全体技がないと楽しくない(←重要)ので雨乞い濁流ギミックを採用してみました。相手のメガリザードンに対しても上を取れている状況であれば有利を取ることができ、何よりも意表がつける点がナイスです。

そして一番重要と思われる構築名についてですが、今回の構築では「AmazonOKスタン」、「カポキン=シャナッシュピアー」、「威嚇威嚇ねこねこツインダブルニードル」など色々な構築名候補がでましたが、今回はシンプルに「スピアスイッチ」にしてみました。シンプルすぎて逆に意味が分からないですが個人的にはとても気に入ってます。

▼大会結果
5勝1敗で準優勝でした。頑張ったヾ(^∀゜ノシヾ)ノ ちなみにカポエラーは一度しか雨乞いを使いませんでした。

▼大会動画
今回は新たな試みとして対戦の様子をニコニコ動画にアップロードしてみました。

【トリプル】第2回 診断メーカー大会マイリスト

トリプルに興味があるとか診断メーカー大会の雰囲気を感じてみたい!って方は是非ご覧になってみてください。

以下、使用メンバーの個別解説


015-m.png
■メガスピアー(適応力)
実数値:141-222-60-*100-197
努力値:H4-A252-S252 いじっぱり
技構成:どくづき/とんぼがえり/おいかぜ/まもる

▼一生育てることはないと思っていたポケモン。
使ってみたら思ったほど弱くはなかった、というのはうそで普通に弱かった。
手助けどくづきでメガリザードンを倒すために意地っ張りにしたけど、最速にしないと色々(霊獣ランドとかドーブルとか)抜けない。それに気づいたのが大会開始2時間前。鉄腕DASHを見ていたら時間がなくて陽気の個体を準備できなかった。

【スピアー雑感】
弱いところは散々語られていると思うので便利だった点について。
一応弱いところについて触れると、
・高火力の範囲技がないどころか一致わざの威力が低くしかも半減されやすい。
・物理耐久が低く先制技やスカーフランドロスのいわなだれなどで縛られるため行動できない など。

便利だった点は、
▼タイプが地味に優秀
「フェアリー・くさ・かくとう」に対して強引に後出しできる。この使い方は耐性が貧弱なメガアブソル(65-150-60-115-60-115)には出来ず、とんぼがえりで控えにいることの多いスピアー独自の使い方だと思う。実際にズキンやシュバルゴなどに飛んでくる格闘技に対して後出しする場面が多かった。

▼すばやさが速い
最速実数値が216。これは準速スカーフ霊獣ランドロス(214)や最速スカーフドーブル(208)よりも速いので先制でとんぼがえりを決めやすい。

つまり「わざが自由に選べるかわりに威嚇がなくて耐久がとても低いスカーフランドロス」みたいな感じ。二度と使わない。
すばやさを活かしてサポート(おいかぜ・むしのていこう・どくびしなど)に特化すればあるいは…といった印象を受けたけどそれならもっと適任がいるよねっていう。もう二度と使わない。

589.png
■シュバルゴ(ぼうじん)
実数値:177-205-125-*126-22
努力値:H252-A252-D4
技構成:メガホーン/アイアンヘッド/ドリルライナー/まもる

▼スピアーの身代わり人形。メガスピアーのとんぼ返りから降臨する事の多かった気がする。
身代わり人形なのにスピアー本体よりも8倍くらい活躍した。まさに穿刺を司る戦士。

「これ耐えるかな?大丈夫かな?」って時に後ろから強引に投げて牽制&オラオラする役割。
ルール上、粉技はあまり意識する必要がなかったので、特性を虫の知らせにすればよかった。

237.png
■カポエラー(いかく)
実数値:157-161-115-*-130-91
努力値:H252-A252-S4
技構成:インファイト/ねこだまし/ワイドガード/あまごい

▼酋長の突然の閃きにより、雨乞い役を命じられたアラエポカ族最強の戦士。
結局あまごいを使った試合は一度(しかも無効試合)だったけど、重要な場面でさりげなくインファイトをひでりキュウコンの急所に当てることが出来たのはあまごいしめったいわの力だと信じている。

帯やバコウのみもたせてストーンエッジとかだったらまた未来が変わっていたかもしれない。

134.png
■シャワーズ(ちょすい)
実数値:225-*-112-154-118-86
努力値:H156-B252-C76-D20-S4
技構成:だくりゅう/ねっとう/てだすけ/まもる

▼今回のシャワーズの配分はなんとあの「WCS2012大会で準優勝を飾ったWolfe Glickさん」がカロスダブルの地方大会(バージニア、及びフロリダ)で使用したシャワーズと同じものを使用!なのでこの配分で何が倒せて何を耐えるのかがよくわからない。

ねむカゴみずやり型は完全にアレだったので、与えていたエサをカゴのみから食べ残しに、仕事も木の水やりから濁流を生み出す仕事に配置転換したら縦横無尽に活躍してくれたのでわりと正解だった。ストイックな環境でこそポテンシャルを発揮できるタイプだったのだろう。

・スピアーに追い風をいれた関係で、追い風時にそれなりのポケモンを抜けるようにすばやさを調整しようと考えていたのだけど、直前までみていた鉄腕DASH(雪玉をゲレンデで転がして大きくするやつ)が面白くて見入っていたら努力値を調整する時間がなくなっていた。本番では追い風時に相手のコバルオンを抜けなかった。合掌。

103.png
■ナッシー(しゅうかく)
実数値:201-*-103-109-145-126-75 
努力値:H244-B28-D236 おだやか
技構成:サイコキネシス/エナジーボール/トリックルーム/まもる

▼今回のナッシーの配分はなんとあの「WCS2012で準優勝を飾ったWolfe Glickさん」が同大会で使用したナッシーと同じものを使用!攻撃をギリギリで耐えオボンのみを収穫するその姿は、まさにWolfe Glickって感じだった。

最初はスキスワを持たせて神通力ワンウェポンで使っていたけど、ぼり某りのサボテンに負けて超ムカついたのでサイコキネシスとエナジーボールを搭載した。

レート環境では、リザードン・ファイアロー・ギルガルド・ランドロス(とんぼがえり)等にボコされて、タスキを持たせていたにも関わらずトリックルームを満足に展開することはできなかったが、診断メーカー大会ではそういうことがあまりなさそうな気がしたのでオボンのみで甘えてみた。その結果、ぼうふうファイアーに根こそぎ持っていかれた。アーメン。

560.png
■ズルズキン(いかく)
実数値:172-124-*-144-159-57
努力値:H252-A108-B68-D76
技構成:ドレインパンチ/はたきおとす/ビルドアップ/ねむる

▼今回のズルズキンの配分はなんとあの「第一回トリプル診断メーカーで進化前ポケモンが3体入っているにも関わらず勝ち越しを決めたたぶさん」が同大会で使っていたものを使用!適当に雑に出し入れするだけで便利で、ビルドアップをアンコールをされて筋トレを続ている姿でさえ強そうだった。

ただ、今回の構築の場合は威嚇を利用してパーティー全体の耐久を底上げしないことには戦いにくいパーティーだったので、居座るビルドアップよりもねこだましで使った方がよかったのかなぁ?どうだったんだろうかなぁ?とこの記事を書きながら考えている。どうだったんだろうか?

【大会を終えて】
トリプルの診断メーカー大会は前回に続いて二度目の参加。今回の大会でも診断メーカーで選ばれたポケモンを活かすため、パーティーや立ち回りに工夫を凝らしていく過程で多くの学びや発見がありとても為になりました。
今回、大会に参加された方々、応援してくださった皆さん、診断メーカー作成者のくらうんさん、そして大会主催のきゅんさん本当にありがとうございました(*'∀'人)♥*+

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://umihyo.blog87.fc2.com/tb.php/466-e7cc2859
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。