うみひょう雑記

身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【meet-me】ナマズのカードを作ろう。

nusizo.jpg 
【ヌシゾウ】
高耐久の壁カードです。そのままでは何も特性はありませんがレベル20まで育てヌシサマにクラスチェンジすることで前衛時に味方後衛のHPを5%回復する特性を得ます。この特性がとても強力で前衛のHPを15%回復する特性を持つフレッピーナと一緒にデッキに入れることで常にHPを高い状態に保つことが出来るため判定勝ちを安定して狙うことが出来るようになります。

【素材】
・ナマズ×10
・ヨーロッパオオナマズ×1
・ベースカード(※メタル以上推奨)

わざわざ取りに行かないといけないような素材ばかりですが用意は容易です。
ベースカードは出品サーチめぐりをすればどこかにあると思います。メタルなら4万、ゴールドなら35万~40万くらいで手に入ります。

【ナマズが釣れる場所】
mm_2016_04_22_191429.jpg
【都庁前駅 南西】
ここの25mにいる中魚影がナマズです。3回に1回くらいでる気がします。4回に1回かもしれません。25mにいるナマズ以外の魚影は「小」なので「中魚影」がいないときは投げなおしましょう。

また17~18mにさびた空き缶(小魚影)がたまに出ます。これはトレボに突っ込んでおくと1万くらいで売れるので基本的に17mの空き缶を狙い、空き缶がいなければ25mまで降りてナマズを狙うようにすると効率厨って感じが出ます。
namazu.jpg 
いっぺんに10匹はなかなか骨が折れるので都庁に来るたび2匹くらい釣って帰ると無理がなくていい感じですね。私はカッパのイベント以来訪れたのは2回目です。金輪際ここに訪れることはないと思います。

【ヨーロッパオオナマズが釣れる場所】
mm_2016_04_22_191835.jpg 【竹芝駅 南東】
秘境釣りツアーのアクアマリンの洞窟コース(通称:秘境2)です。
ここの35mにいる大魚影がヨーロッパオオナマズです。出現率は低いですが都庁前にいるナマズと同じように35mの大魚影はこいつだけで他は中魚影なので判別は容易です。また距離によって魚影のサイズがわかりにくい場合がありますが「背びれが三角形のものが大魚影」、「台形のものが中魚影」という判別方法もあるようです。
リアルラックによってはツアーの10分だけでは出現しないこともあるので何度か挑戦する必要があります。まぁ1匹釣るだけでいいので頑張りましょう。幸運を祈ります。
yo-roppa.jpg 
・Wikipediaによるとヨーロッパオオナマズは15kg以下の幼魚の個体は味が良いらしいです。卵には毒があるそうですよ。

●余談ですがここの10m帯にはナマズの相方「フレッピー」の素材である「ブルーグラスグッピー」も生息しています。出現率も低くナマズと違って魚影サイズによる即判別もできないため釣るのは容易ではありませんがなんとか釣ってください。私は釣りました。
buru-guppi-.jpg 

ちなみにフレッピーのカードを作るためのブルーグラスグッピーは実は3匹必要。あと2匹を釣るのは無理だと悟ったので残りの2匹はたまたまトレードボックスに入っていたものを買いました。
売ってる°+ ・フレッピーはBB団攻略でも使える優秀なカードなのでブルーグラスグッピー(もしくはフレッピー)を見かけたら購入しておくとよいかもしれません。BGG(ブルーグラスグッピー)は普段あまり見かけないのですごく良いタイミングで見つけることが出来ました。やったね。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://umihyo.blog87.fc2.com/tb.php/527-1210113e
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。